本当に出会いって無いんですか?

クリスマスに女子会している場合では無い

もう季節は春を迎えますが、クリスマスの時期に行われること…それは「クリスマスパーティー」ですね。友達とワイワイ集まってパーティーはとても楽しいと思います。でもちょっと待ってください。婚活中の友達同士で「またこのメンバーだね〜」とか話していませんか?そんな話をしながら安心している自分もいませんか?そういう方は、周りが結婚ラッシュになると急に焦り出してしまうタイプです。「来年は全員で素敵な男性と予定を作ろう!」「来年はクリスマスはこのメンバーで過ごさない!」くらいな意識で行きましょう。

途中から読むと、「何だコイツは偉そうに…」となりかねません。毒づいているように感じる方はVol.1から読んでいただくことをオススメします。僕の思いが書いてあります。

新連載「その婚活、ゴールに近づいていますか?」

本当に出会いって無いんですか?

「出会いが無い」という話をよく聞きます。

では聞きますが、「本当に出会いが無いんですか?」

出会いがないというのは有り得ないんです。一度も家から出ていないんですか?そうではないですよね?仕事で忙しいというのは言い訳に過ぎません。そんな中でも異性と会っている人はいくらでもいます。圧倒的な運動量が足りないんです。

僕が独自に考える運動量のレベルですが

レベル0:何もしない

レベル1:合コンに行き始める

レベル2:婚活パーティー

レベル3:結婚相談所

レベル4:知人友人からの紹介

運動量から考えると、合コンも立派な運動量です。何もしないよりはマシです。

あなたはどの位置にいますか?

 

農業青年との合コンについて

これは実際に独身女性と話した体験ですが、友達からの紹介で知り合った彼と付き合うことに。しかし、出会った時点で彼は札幌から車で3時間の場所に住んでいました。その日はたまたま札幌にいたそうです。付き合ってすぐに遠距離恋愛の二人。女性は遠距離恋愛はしたことが無かったそうですが、実際付き合ってみたことで「遠距離はアリだな」と思ったそうです。結果的に別れたそうですが、「いい人がいればどこでも行きます!」という意識に変わっていました。

近年、地方の農業青年との合コンイベントが各自治体で開催されています。農業青年に対してどんなイメージがありますか?農業の就業形態は様々ですが、経営者が多かったりします。年収重視している人からすると、都市部のサラリーマンより農家の青年の方が断然いいですよね?

 

会ってみなくちゃわからないこともあります。

実際に話してみないと、付き合ってみないとわからないことはたくさんあります。

 

そして、出会いがないことはないんです。

運動量を増やしていけば出会いはどんどんあります。

関連記事一覧

PAGE TOP